厚生労働省
文字サイズの変更
標準
特大
厚生労働省
厚生労働省

掲載データについて

1.掲載データ名

感染症発生動向情報等

2.データ元・集計方法について

  1. (1)都道府県・政令指定都市・中核都市が毎日HPにて発表する感染者IDを軸とした患者属性情報(患者別属性情報データベース)
  2. (2)都道府県が毎日発表する検査状況・医療提供状況の断面情報(都道府県別累積公表データベース)
  3. (3)メディア情報等から得た集団感染等発生状況情報

(1)~(3)をデータ元として、令和3年5月25日20時までは、令和2年8月1日以降のデータを掲載していたが、令和3年5月25日20時以降は令和2年8月1日以前のデータも含めて掲載している。
なお、岩手県、山形県、群馬県、静岡県、大阪府、徳島県、宮崎県は、性別・年代別新規陽性者数(週別)/性別・年代別新規陽性者数(累積)について令和3年2月16日以降HER-SYSデータをもとに更新している。
栃木県、奈良県、香川県、鹿児島県、沖縄県は、性別・年代別新規陽性者数(週別)/性別・年代別新規陽性者数(累積)について令和3年3月16日以降HER-SYSデータをもとに更新している。
その他の都道府県は、性別・年代別新規陽性者数(週別)/性別・年代別新規陽性者数(累積)について令和3年4月1日以降HER-SYSデータをもとに更新している。

3.最低公表人数について

性別・年代別指標においては、個人情報保護の観点から原則1~4人の表示項目にのみ「*」表示を行っている。
ただし、他のデータ表示状況により「*」表示項目の人数が特定されうる場合は、1~4人以外の項目も一部「*」表示を行っている。

4.その他

  1. (1)一部の自治体において、性別・年代別重症者数、性別・年代別死亡者数(累積)は症例が少ない等の理由により、現時点において公開をしていない。
  2. (2)全国の陽性者(累積)の値にはクルーズ船の陽性者149名を含んでいるため、都道府県別陽性者(累積)の合計値と一致しない。
  3. (3)東京都は独自データのため、グラフ作成準備中。(性別・年代別重症者数は毎日の報道発表資料に記載。
    https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/hodo/saishin/hassei.html